リアルな問題!予算

まずは招待客の人数を明確にすることが大切

頭の中で理想の結婚式を思い描いたものの、いざ準備を進めてみるとリアルな問題として予算の壁が立ちふさがることってありますよね。式場選びの過程で予算の壁は、どのようにして乗り越えればいいのでしょうか。

予算と対峙するうえでまず最初に確定させなければならないのは、招待客の人数です。ウエディングドレスのデザインや料理のメニューを決めたとしても、招待客の人数が確定しなければ式場としては見積書を作成できないのです。招待予定客の中に参加可否を曖昧にしている人がいれば、とりあえずはその人を含めた人数で見積書を作成してもらうことが推奨されます。曖昧な人を含めずに見積書を依頼すると、あとで予算オーバーになるリスクがあるからです。また見積書の段階では料金が発生しないことがほとんどなので、複数の式場から同じ条件で見積額を出してもらって比較検討するのも式場選びのコツだといえます。

引出物の内容は細分化されているため、早めに品物を決めよう

招待客の人数の次に優先すべき決定事項は引出物の内容です。近年は招待客が“男性or女性”だけでなく、“単身者or既婚者”によっても引出物の内容を変えるスタイルが主流になっています。そのため早めに品物を決めなくてはいつまでたっても予算が確定しないうえに、結婚式当日に引出物が間に合わなくなるリスクも生じるのです。過去に結婚した友人と品物がかぶらないかや、地域特有の慣習なども考慮して引出物に費やす予算を算出しましょう。

また遠方から来場する人の交通費は、式場に支払うものではないため見積書には記載されません。見積書に記載されない費用を見落としていたために、予算オーバーになってしまうカップルは意外と多いのです。式場のスタッフが見積書以外の部分で想定される費用について良心的に言及してくれるどうかも、式場選びの判断基準に含めておくことが推奨されます。

結婚式を格安で執り行うには、家族婚やふたりだけの式など少人数制で行ったり、ドレスなどのお色直しの削減、食事の簡素化など様々なプランにより実現します。